広報委員会

広報委員会は、日本保険薬局協会の広報の窓口として、会員の皆様に向けて、行政・他医療関連団体や国民が、何を考え何を望んでいるかを的確に伝え、また私達が何を考えどう行動するのかをそれらの人達に正確に伝えることを重要な任と考えています。
現在、日本の医療制度は医療財源の逼迫や医療分野におけるAI、IoT化に対応した設備投資が増加する一方、“物”から“人”への流れの中で薬局の職員が行なう仕事量が急増しています。協会の各委員会では、どうすれば効率的に、法で定められた範囲内でより良いサービスを提供できるか、サービスを提供する資格要件は、どうすればスムーズに取得できるかなど、会員の皆様に有益な実務改善の提供に努力しています。広報委員会では会報誌などを通じて、この様な有益な情報を提供し、また、皆様からの声を取り上げ、その解決に向けて各委員会に提案したり、マスコミを通じてアピールするよう、努力して行きたいと思います。

活動テーマ

  1. 季刊誌「NPhA」の充実
  2. 各委員会の活動内容の広報
  3. 記者会見などの広報
  4. 読者の拡大と会報誌広告を通じて、安定的な運営を行なう

実施内容

  1. 薬局業務の変化を、地域連携、医療機関連携、服薬中のフォロー、在宅などのキーワードをテーマに取り上げる
  2. 薬局の電子化、IoT化、システム化など機能面からの変化を報道する
  3. 財務省、厚労省などの政策と保険者の思い、メーカーや卸の思いを誌面等を通じて伝える
  4. 関係諸団体(薬剤師会、医師会、看護協会等)とNPhAとの情報交換等
  5. 記者会見や会長の想い、各委員会の方向性や考え方を効果的に広報して行く
ページトップヘ