調剤アシスト研修
2020.07.21

会員企業、非会員企業、個人の皆様

調剤アシスト研修、2月19日に開始して以来、5カ月が経過いたしました。

医業経営をめぐる状況が厳しくなる中で薬局や病院薬剤部の事業継続性をいかに確保していくか、関係者の意識が高まるに伴い本研修が多くの方々に受け入れられ、現在6,500人もの受講お申し込みをいただくに至りました。

当初、毎年1000人弱程度、具体的には7~800人程度を見込んでおりましたが、すでに10倍近くのお申し込みがあり、各社の研修ご担当者からも高い評価をいただいております。

新型コロナ対応の関係で、各地で開催予定のブロック会議等で本研修についての説明を行うことができず、本研修の趣旨や内容、あるいは実施の経緯等が十分に伝わらないせいか、会員企業の参加は未だ123法人と全体の4割に満たない状況です。協会の努力不足と反省し、改めて本校で皆様に情報提供させていただいております。是非とも本校をクリックしていただき最近の情勢をご確認ください。

一方で、非会員、個人からのお申し込みは安定的に増加しており、個人申込は1000人に近づいています。また、非会員企業様で本研修参加を契機に当会会員に新規加入されるところも少なくなく、当会としても健康サポート薬局研修に続く協会研修事業の柱に育てたいと考えております。

新型コロナ感染症の状況が予断を許さない状況ですが、3~4時間、ウェブで実施される本研修のご活用、事業継続性確保の観点からも改めてお願い申し上げる次第です。

協会の進めるSDGs達成のためにもよろしくお願いいたします。

調剤アシスト研修 最近の情勢と展望[PDF]