NPhA日本保険薬局協会

Google
TOP > 委員会活動 > 税制改革対策委員会

委員会活動

税制改革対策委員会

消費税の“見える化”(国民に納得を得られる透明性の高い税制を目指します)


活動テーマ

  1. 2019年10月に予定されている消費税率10%への対応を検討する
  2. NPhAが主張している“非課税を課税に改め、0または軽減税率”が妥当であるかも含め検討する
  3. セルフメディケーション税制への対応を検討する

実施内容

  • 消費税10%となれば、薬価調査時期と対応時期で経営に影響が出るため、その実現性を含めてどうあるべきか検討する
  • 財務省は8%増税時を含め、非課税対応はしなかったが、今後社会保障制度の特殊性を考えると、どこまでの対応が妥当なのかを含め、主張する内容を検討する
  • セルフメディケーション品目の拡大がどこまで進むのが適切かも含め、OTC税制のあり方を検討する
  • 必要であれば財務省や厚労省の考え方を聞くため、講演会を企画する