NPhA日本保険薬局協会

Google
TOP > 委員会活動 > IT・保健事業推進委員会

委員会活動

IT・保健事業推進委員会

健康保険法改正に基づいて行われるマイナンバーと保険証番号の連携、その対応についての情報の収集・提供に注力し、医療における国のIT化構想等を焦点とした研修会、講演会等情報提供の場を設定します。
また、日本保険薬局協会の保険者保健事業推進プラットフォーム事業については、薬機法改正における薬局機能論議に対応し、地域におけるかかりつけ機能の一層の促進を図ることを目的とし、国のデータヘルス事業における保険者保健事業の推進と企業の健康投資の促進に対応する薬局事業展開を支援いたします。
電子お薬手帳については、開発と普及、異なる電子お薬手帳のデータ連携による一元管理プロジェクト、ニーズに対応するアプリの更新及び電子お薬手帳運用のためのサーバー維持・更新いたします。

活動テーマ

  1. 保険薬局に関わるIT関連情報の収集と伝達
  2. 保険薬局における「電子お薬手帳」の開発と普及
  3. 異なる電子お薬手帳のデータ連携による一元管理プロジェクト
  4. 健康サポート薬局、かかりつけ薬局地域包括ケア対応の検討

実施内容

活動テーマ1

  • 医療における国のIT化構想等を焦点とした研修会、講演会等情報提供の場を設定する。
    特に、医療番号や地域医療情報連携における電子処方箋なり方に注視する。

活動テーマ2

  • 調剤報酬における評価の推進実績をもとに「電子お薬手帳」の全国普及を目指す。
    上記の目標達成のため、全国各地で説明会やデモンストレーションを行う。
    併せて薬局、患者ニーズに対応した「電子お薬手帳」プログラムをバージョンアップする。

活動テーマ3

  • 「電子お薬手帳」異なるシステム間でデータ連携を実現し、利便性を向上と服薬管理の一元化を目指すとともに、その活用を推進する。

活動テーマ4

  • 地域包括ケア医療機関用アプリ開発の検討